HOME | 店舗紹介

Stormwater Japan

ストームウォータージャパンは、「Rain Garden Plant®(レインガーデンプランツ)」という植物を販売しているサイトです。  
Rain Garden Plant®とは、日本ゼリスケープデザイン研究協会&LID JAPANの提唱するLID™+雨の庭™における1システムであり、植物種のもつ特性や効能の研究をもとに選抜された植物です。 
現在・そして未来の日本の気候風土・環境を考え、研究されたRain Garden Plant®は、商標を取得しています。
 
陽当たりの良し悪しに関わらず、日照りにも干ばつにも強い、また湿地にも適合し、手間がかからず、よく育つ植物です。
Rain Garden Plant®は、土中にPOTごと植栽します。
①ゴミを減らす
②植物をその場で固定する という利点があります。
植物をその場で固定することで、氾濫時などに植物体としての自立植生を現実しています。
 
この選抜されたRain Garden Plant®と呼ばれる植物種は、雨水管理実践のあり方を本場アメリカの
①Rain Garden(レインガーデン)
②Xeriscape(ゼリスケープ)での研究データをもとに、
日本独自の適応性、適合性、貢献性という観点から研究し認定することで、LID™+雨の庭™に有用なバイオレメディエーションシステム(生物学的環境修復)と多大なる植物の環境利益を提供するものです。
 
①Rain Garden(レインガーデン)とは、元々は「rain-catching garden =雨をとらえる庭」でした。
考え方としては、豪雨の流去水などが集中する低地•庭の一角などに「排水」を考慮した整地を施し、そうした極端な天候状況にも対応できる植物を選んで植えた庭・区域のことを言います。
・公園などの広区域内の窪地・湿地・溝に設えるもの
・都市住宅環境で雨樋や排水溝からの流去水が集中する箇所に設えるもの の2種類で考えられます。
 
②Xeriscape(ゼリスケープ)とは、元々は、「乾燥・干ばつ地域に適した景観づくり」でした。
現在では、「適切な水の使い方で水の保全と維持する方法」と定義されています。
日本の環境は大きく変化し、ゲリラ豪雨や水災害が増えてきています。また、毎年給水制限が出される「渇水しやすい」地域もあります。水環境を考え、適切に水を保つことが必要な時代となっています。
 
そして、Rain Garden Plant®(レインガーデンプランツ)美しい景観を保つために多くの時間や手間をかける必要はありません。

会社概要

会社名

Stormwater Japan(ストームウォータージャパン)

代表者

稲谷 順一

事業内容

植物(レインガーデンプランツ)の生産・販売

植栽デザインなど

所在地

〒701-0162 岡山県岡山市北区納所50 

電話/FAX

086-293-1771

E-mail

info@raingarden-plant.com

営業時間

平日9:00~17:00

定休日

土・日・祝・年末年始 ほか

一般購入サイトはリニューアル中です
しばらくお待ち下さい
 
 
 
Rain Garden Plant®取扱店
ストームウォータージャパン
〒701-0162 岡山市北区納所50

営業時間
平日9:00-17:00
 
 

 
Rain Garden Plant®生産卸直売店
株式会社 ナーセリーヤマダ
〒513-0012
三重県鈴鹿市石薬師町3151-104
TEL059ー374-3742
Fax059-374ー3741

生産卸直売店では、各種業者の方のみ限定で商品の視察を兼ねた現地販売サービスを提供しております。
必ず上記連絡先にてアポイントメント(事前予約)の上お越しください。